1. Home
  2. >
  3. センター運営
  4. >
  5. 日本語センター主旨と心構え

モントリオール日本語センター

The Montreal Japanese Language Center * Le centre de la langue japonaise de Montréal
「日本語センター主旨と心構え(2022.2.27)」

日本語センターの歴史と主旨
1976年、継承語としての日本語教育を通して、子供達に日本人としてのアイデンティティーを残したいと切
望する保護者の有志によって創立された、民間の非営利日本語教育機関です。運営の目的は継承語としての日
本語教育・日本文化を通して、文化や行事に触れながら、子供達に日本人としてのアイデンティーを残すことで
ある。コミュニティ、寛容、尊敬、ボランティア精神を理念とし、「日本を好きになる」「日本文化に誇りを持
つ」「日系社会を繋ぐ存在になる」ことができるような教育に期待を置いている。日本語センターのウェブサイ
ト http://japanesecenter.com もご参照ください。

日本語センター稼働期間・場所
場所:College Notre-Dame 2階・3階(賃貸契約)
大型行事は、講堂:発表会及び修了式、オムニスポーツジム:その他イベント
休講日:カナダ祝祭日(一部除く)、及び賃貸校舎であるカレッジ側の事情による休講日及び夏・冬休み
詳細は配布されたカレンダーを参照
通常授業時間:9時30分〜12時30分

日本語センターの運営
日本語センターを支えるのは保護者全員です。 『日本語センターはボランティアで成り立っています。』
運営状況:ケベック州法人登録がなされた非営利団体(Non-Profit-Organization)
運営者:センターに通う児童の保護者ボランティア
運営管理:以下の体制のもと、ボランティアで運営されております。
1) 取締役:会員総意のもと選出され、年間予算の承認、センターの基本概念に従い方向性を示す
2) 会員:取締役の選出、年1回の総会に出席する(保護者の任意登録制)
3) 運営役員:取締役会での決定事項に伴う事務処理、実質的なセンターの運営(毎年選出)
4)行事係担当 :全保護者(但し、運営役員、保護者兼教員及びアシスタントは担当対象外)
≪担当行事係≫
・年一回行事係
子供の日、運動会、書き初め、節分、ひな祭り、文集、発表会、スピーチコンテスト、代講係、課外係
・年間行事係(通年)
図書係、写真係、セキュリティ・衛生係、ウェブ係、音響係、コピー係

≪業務内容≫
・各行事リーダー:行事案内メール作成、備品確認調達、必要に応じてボランティアの要請、当日行事進

行、次年度リーダー選出、報告書作成

モントリオール日本語センター

The Montreal Japanese Language Center * Le centre de la langue japonaise de Montréal
以下年間行事詳細
図書係 返却作業、図書の管理、修繕、購入
写真係 行事毎の写真撮影および撮影後のGoogleフォトへアップロード
セキュリティー・衛生係 衛生グッズの準備と片付け、各入口にて警備・受付・除菌サポート、生徒の移動
サポート、2・3階の踊り場にて生徒・保護者及び関係者出入りの管理他
ウェブ係 日本語センターホームページの管理、ドメイン管理、アミリア管理
音響係 講堂、体育館での音響システムの設定
コピー係 教員から依頼された教材コピー、コピー機に関する在庫管理、コピー機の準備

5) 週当番担当:全保護者(但し、運営役員、保護者兼教員及びアシスタントは担当対象外、各行事リーダー

は基本免除 *免除者については都度変更あり)

≪業務内容≫(9時20分集合)
トイレ補助、トイレの準備と片付け、掃除道具の配布および回収、ゴミ回収、バケツとスポンジの洗浄、具合
の悪い生徒が出た場合に役員運営室まで引率するなど。

6) 教員・アシスタント
教員免許保持者に限らず、教育に熱心でセンターの主旨に賛同され1年間責任をもってやってくださる方

クラス編成
年齢別による編成 児童・中等部・高等部・成人クラス)
1) 幼児部 1~3:幼児3〜5才
2) 児童部 1~6:小学1年生~小学6年生
3) 中等部、高等部 1~3:中学1年生~高校3年生
4) 成人クラス レベル1〜4:17歳以上の生徒、成人を対象
(クラス上限15名まで、教員1名 幼児部アシスタント1名、状況により児童部にアシスタントが入ります)
*卒業は基本18歳、但し現地校の卒業と共に卒業可能、担任の先生と相談し、運営まで連絡する。

学習内容
幼児・児童・中等部・高等部:センターカリキュラム参照
成人クラス:教員によりレベル分けされたクラスにて、各クラス教員が用意された内容での授業進行

行 事
季節行事:子供の日・運動会・書初め・節分・ひな祭り・文集・発表会
保護者会 :年間2回(全保護者参加必須)次年度役員選出など
*上記保護者会以外にも随時朝の会を開催

JICA生徒研修:中学生相当の生徒対象。横浜にて1ヶ月間日本語研修に参加できる機会があり。
会員総会:年1回 (全会員参加必須)会員総会にて会計報告、取締役の選出選挙など

モントリオール日本語センター

The Montreal Japanese Language Center * Le centre de la langue japonaise de Montréal

休講と退構について
各学期1回目の授業が始まる前までに未手続きの場合は退講の対象となります。ただし、授業料を納める場合
はその限りではありません。1学期間までは休講とみなし、それ以降は退講扱いとなります。退講・休講希望
者は運営委員までその旨をご連絡ください。授業料を納めた上での休講扱いとした場合、担当行事や週当番の
代わりは各自で責任を持って見つけてください。

センター及び教員―保護者間コミュニケーション
教員―保護者:開講日に配布されるファイルケース(幼児クラス)を通じてプリント配布、メール連絡

(事前にわかっている欠席等は前もって担当教員に連絡)

役員―保護者:メール連絡、朝の会

メール連絡先(日本語センターメールアドレス:info@japanesecenter.com 全役員閲覧可能 )
*欠席の場合で、週当番、行事当番に影響が出る場合の振り替えは、各自責任をもって行ない、その後変更
内容を保護者サポート hogosha@japanesecenter.com まで必ずご連絡ください。
*授業数年間約31回程度ですので、メール連絡が主になります。メールチェックは随時お願いします。
*センターウェブ上の業務連絡から、随時、最新連絡事項をお知らせします。
基本認証のIDパスワードは別途お知らせします。

返金ポリシー
支払い済みの年間登録料、会員費、新入生登録料、幼児ワークブック、漢字ドリルにつきましては、いかなる
場合においてもご返金には対応いたしかねます。授業料につきましては、開講日前日までのご返金は可能で
す。開講後の学期途中のキャンセルにつきましては、学期残りの授業料から10%のペナルティ費を引いた金額
をセンタークレジット(アミリアクレジット)としてご返金いたしますのであらかじめご了承ください。
年間登録料 $35 (幼児、児童、中高等部)は、2022年度内(2022年4月から2023年3月)に発生します。休
講、退講しても年度内で再入講の場合は支払いはありません。(備考:2、3学期に新規登録した場合も同額の
お支払いになります。)また、2023年度4月に新たに年間登録料が発生しますのでご了承ください。
成人クラスの年間登録料 $10は、2022年9月から2023年6月に発生します。
新入生登録費は幼児、児童、中高等部のみに発生いたします。一度退講されますと、再入講の際には新たにお
支払い頂きます。ただし休講の場合(料金を支払った場合)は在席扱いになるため、お支払い頂きません。

写真撮影および写真の利用について
保護者と共有する目的で、各行事の際に写真撮影を行っております。これらの写真は日本語センターのウェブ
サイト ( http://japanesecenter.com ) でログインした保護者や日本語センター関係者のみ閲覧可能となって
おります。また、授業運営の一環として、教員が写真・ビデオ撮影をし、クラスの保護者と共有する場合もあ
りますのでご了承ください。
なお、プライバシー保護のため、SNS等へのリンクの貼り付け、写真の転用は固くお断りしております。

モントリオール日本語センター

The Montreal Japanese Language Center * Le centre de la langue japonaise de Montréal

個人情報について
ご登録いただきました個人情報は、適切に管理し、日本語センターの運営目的以外での利用は一切致しませ
ん。個人情報は、1)授業運営のため、センター教員、運営スタッフに共有されます、2)教科書配布や補習
校との連絡のため、共有される可能性があります、3)名前とメールアドレスは授業運営のため、教員からク
ラス保護者に共有されます、4)週当番や行事係の運営のため、その係内で共有されます。前述の場合を除
き、登録者の合意がある場合、もしくは法令に基づき開示が必要である場合を除き、第三者への開示は一切致
しません。

保護者の心構え
上述のとおり、当センターはボランティア体制により運営がなされています。主だった事務的処理は運営役員
が行なっていますが、保護者の一人一人が、自分の子どもたちの為に運営に参加しているという意識のもとで
の協力なしには、センターの運営は不可能です。そのため、行事係、週当番などの保護者全員のボランティア
をお願いしております。
また、児童クラス以降の日本語教育面に関しても、年31回前後、約60時間足らずの間で、センター登校(各
クラス教員における授業内容)のみでの日本語上達は大変困難なため、子ども、また担任教員への皆様のサ
ポートが不可欠となります。家庭では日本語を話すこと、日本語の本に多く触れること、宿題は必ず提出する
等のご協力をお願いします。
尚、日本語会話力に著しく問題のある場合や、授業態度に問題(クラス運営に支障をきたすような行為、他学
童に精神的または肉体的な苦痛を与える行為等)が生じた場合、教員、保護者、役員面談の上、対策を講じ、
それでも改善が見られない場合、協議の上、退講という処置もとられますことをご了承ください。
質問、意見などありましたら、運営役員まで伝えて頂きますようお願いします。子どものためによりよい環境
を保護者全員でつくっていくことが設立当初からの目標でもあります。ご協力よろしくお願いします。

その他お知らせ及び注意事項→(「確認事項」を参照)